GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>花粉症の漢方薬の話 〜その2〜

花粉症の漢方薬の話 〜その2〜

神奈川県の花粉の本格的な飛散予想は2月10日前後のようだ。
よくよく考えてみるとあと10日たらずじゃないか!
花粉症を漢方で考えるときに「肺」がとっても重要だ。
「肺」は、
皮膚、毛穴、鼻、気管支、肺などの呼吸器と深い関係のある「臓」である。
漢方でいうところの「五臓六腑」のなかの「臓」とは実際の臓器ではなく機能
の事をいう。
「肺」と関連の深い部位の防御力が低下すると、体外からの病邪(びょうじゃ)
が簡単に体に侵入してしまう。
体表面や粘膜での防御力の事を「衛気(えき)」という。
この「衛気」が不足すると花粉症が悪化しやすいのだ。
「衛気」が充実しているかチェックしてみよう!
□ 以前より寒がりになった
□ 厚着をしていないのに汗をかくようになった
□ 低体温 もしくは低体温ぎみ
□ 冷暖房が苦手 冷え症ぎみ
□ 風邪をひきやすい
□ 咽がよわくよく痛くなる
□ 慢性的な鼻がグジュグジュしている
この中で1つでも思い当たるような項目がありますか?
一つでもある方は「衛気」が不足しています。
花粉症の方は症状が悪化しやすいお体の状態にありますので「衛気」を
補うような漢方薬や生薬をお早めにのんでおきましょう。
そうする事で症状はかなり楽になります。
生薬では黄耆(おうぎ)や冬虫夏草(とうちゅうかそう)が「衛気」を増す生
薬として有名です。

category:
花粉症
tags: