GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>春一番

春一番

今朝の南関東は天気予報のとおり春一番が吹き荒れています!
にわか天気雨が突然降ってきました!春の変わりやすいお天気ですね。
今朝家を出た時はなんとなく春の香りがしました。^^
なのに、店先のミニ花壇のラベンダーはちょっと元気がなく花がヘナっと下を向いています。
天候の変化に植物たちもついていけないそんな様子。
今神奈川県内で最も花粉の飛散量が多いのはなんとズーラシア(横浜市内にある動物園)周辺らしい。
当店のある大和駅からはかなり近い。ということは当店の周辺が神奈川県内でもっとも花粉の危険ゾーンってことに。
今朝お店の掃除をしていたら、なんか胸〜咽の辺りに痒みを感じた。これも花粉かもしれない。
風邪が吹き荒れている今日のような陽気に花粉症が悪化する方は、中風鼻きゅう(きゅうという字は鼻に九とかきます)という鼻炎の方です。
漢方では風の邪に中たる(あたる)ことで悪化する鼻炎というカテゴリーがある。(その他にも色々な邪があるのですが、得てして複合している場合が多い ←意味がわかりにくいですよね)
そんな方にオススメしたい処方がある。
割合に汗っかきの方の場合は玉屏風散(ぎょくへいふうさん)という処方を基本に服用されるとよいでしょう。(2005 2月23日号 No.436 ターザンTarzanにても紹介されています)
体の体表面のバリア機能を高めて、風に中たったとしても鼻炎が悪化しにくいお体作るための処方だ。(こんな感じでイメージしてください)
それと当店でお作りする中風の鼻炎を楽にする漢方処方を併せてお使いいただくととても楽になる。実際に私はこの症状に最も近いので、この2つの処方に助けられている!鼻の通りもスゥ〜とよくなるし、目の痒みもかなり楽になります。
汗はほとんどかかなく脇の下なんかもサラッとしている方で、割合寒がり体質な場合は、上記の処方とは少し異なるものになります。
とにかく暑がりで冷たい物をガブガブ飲みたいという方の場合も薬が異なります。
花粉症の初期症状を早めに対処するとその年の花粉症が本当に楽になるんです。
慢性的に症状がひどくなると、同じ花粉症でも病気の質が刻一刻と悪化していきます。見かけ上はほんとんど変わっていないように感じてしまうのですが・・・。
花粉症の症状がなんとなく出始めたかな?と感じたらお早めにご相談下さい。

category:
花粉症
tags: