GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>心がワサワサと不安定になる季節

心がワサワサと不安定になる季節

春一番が吹くころは、季節の変わり目で天気も変わりやすい。
気圧の変化もかなりある。
そんな時は「クヨクヨ的精神」が悪化しやすい。
「クヨクヨ的精神」とは過去の事に対して悩んでしまうとでもいいましょうか。
漢方では季節毎におこる体の変化や臓器昨日の盛衰を重要視する。
季節の変わり目は五臓六腑の「脾(ひ)」という所の機能が落ちる(弱る)。
「脾」の昨日低下はクヨクヨしてしまうような精神状態を作りやすくなる。
「脾」は食べ物や飲み物から体に必要な栄養素を作り出す機能をつかさどる。
「脾」の機能が低下すると、飲食物から「心の栄養」を作り出す力も弱る。
こうして「心(ココロ)」の力が弱ってしまうのだ。
春は「肝」の機能が最も低下する季節だ。
「肝」体のありとあらゆる機能の連携をつかさどっている。
「肝」の機能低下は様々な連携がすみやかにいかなくなる。
つまり、エネルギーや栄養、力といったものの流れが悪くなるのだ。
「心(ココロ)」の行き場が滞る事でなくなってしまう。
その状態が長くつづくと爆発してしまう。
つまり、イライラとその爆発が起こりやすくなる。
冬から春へと移りゆく季節の変わり目は、精神的にも変化が起こりやすい季節です。
「脾」や「肝」を養う漢方薬で「ココロ」に力を!

category:
心(ココロ)の病
tags: