GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>乾燥の季節 カサカサの季節

乾燥の季節 カサカサの季節

今日はたまたまなのか、アトピー性皮膚炎のご相談が相次いだ。
空気が乾燥する季節となり、
皮膚の潤いを保つ事ができないアトピー性皮膚炎の方にとっては
つらい季節となってきた。
かゆみは痛みよりもつらい、
と云われるほどだ。
治すという事は、
自分自身(生活習慣)を変える事だ。
薬の力には限界がある、
という事をもっと理解して欲しい。
例えば、
ステロイド剤や免疫抑制剤の軟膏を、
ひどいアトピー性皮膚炎の方は常用している。
これらの薬の効き目に文句を言うつもりはないが、
回復力や抵抗力を弱らせるという副作用に対し、
将来の事を考えると不安が多くなる。
治りづらい体作りをしているみたいだ。
実際に、
うちの店に相談にくる人は、
色々な薬を使っており、
今これらの薬を全部止めたら、
確実にアトピーがひどくなるだろうな、
と心配になるほど薬を使っている。
今さえよければ的な治療は、
一見効くようだけど、
長い目でみたら、
どんどん病状を悪化させかねない方法である事は
間違いないと考えています。
このままでいいんだろうか・・・。
患者様ご自身も常に
葛藤しているのではないでしょうか。
そこで、
頑張りましょうと、
言うのは簡単だけど、
生活習慣の改善を含め、
問題は山積みだ。
だから、
少しずつ悪化させない養生法を
体得していただきたいと思う。
それができて、
自然のお薬をつかうと、
とっても良くなる人が多いと最近感じる。
だがくすぶって完全には治りきらない。
すぐに悪化しそうな感じだ。
だから、
生活習慣の改善がないと、
どんなに良い薬を使っても、
なかなかよくならない。
だから、
漢方薬の説明よりも、
食事の説明についつい時間がかかる傾向にあります。
私も肌が荒れやすく、
炎症や湿疹ができやすい。
最近使いはじめたクリームがある。
肌の水分保持機能を改善する効能が認められている、
世界初のクリームで
これが調子いい。
掻きむしってあれていてもあんまりしみない。
こういうたぐいのものを今まで使った事がない。
使用感もいい。
これからが乾燥期本番。
カサカサ肌にはこれからが、
本当の意味で大変な季節だ。
病と上手に共存する生き方を
もっと考えていきたいと思う。

category:
ごう先生の独り言
tags: