スタッフ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>スタッフ ブログ>ダイエットのコツ~食べ方で変わる!①~

ダイエットのコツ~食べ方で変わる!①~

良く噛む

皆さん、食事にはどれくらいの時間をかけてますか?

時間がなくて、掻き込むように食べたり、飲むように食べたり、という方、いらっしゃいませんか?(私の友人に、「カレーは飲み物だ!」と豪語している人がいます(^^;))

その食べ方のクセ、太る原因かも知れません!

 

小さいころから、「1口30回噛んで食べなさい!」ってお母さんや先生に言われませんでしたか?

この、良く噛む事も、実はダイエットのコツなのです!(^^)

 

そもそも、私達は何のために噛んでいるのでしょうか?

改めて調べてみました。

『咀嚼(そしゃく)とは、摂取した食物を歯で咬み、粉砕すること。これにより消化を助け、栄養をとることができる。噛むなどとも表現される。』(wikipediaより抜粋)

ふむふむ、そうですよね。皆さんお分かりのように、消化を助けるだけでも、ダイエット効果は期待できますよね!

 

実は、今まで、「良く噛むとやせる」ということの実践や研究は、いくつも行われてきました。

実践者で代表的なのが、「噛む鉄人」のあだ名をもつ Horace Fletcher さん(1849-1919)。

彼は、肥満が原因で生命保険に加入できなかったんだそうです。

しかし、食べ物を50~100回噛む事を実践することで、健康な体を取り戻し、維持することに成功したのです!※1)

Fletcherさんは、「一口量を噛めば噛むほど、全体的に食事時間は延びるが、結果的に食事の量(摂取カロリーの量)は減る」と言っていました。

そのことは2011年にSmitらの論文で証明されています。※1)

よく噛むだけで、自然に食べ過ぎを防げるだなんて、お得じゃないですか!?

 

ちなみに、飲み込みやすさなどを考えると、いろいろな食べ物を平均して「1口30回」は妥当な数字だそうです。

お母さんや先生の言う事は間違えなかったですね!

白米なんかも、あまり噛まないと甘さがわかりませんが、良く噛むとほんのり甘みが出てきますもんね!

美味しく食べるためにも、良く噛むことをちょっと意識してはいかがでしょう?

 

まずは試しに、自分が1口何回噛んでいるか、数えてみてくださいね!

 

<参考文献>

1)山田好秋(2014)『日本咀嚼学会からの発信(1)』