治療方針

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>治療方針>癌 キャンサー>がん細胞という存在を考える

癌 キャンサー

がん細胞という存在を考える

細胞はその生育状態によって機能形態を変化させる能力を持っている事をご存知ですか?
低酸素状態
低栄養状態
高温や低温
高浸透圧
活性酸素
ウィルスや細菌による攻撃
ダイオキシン
重金属
このように細胞にとって非常に強いストレスを受けた場合、
生きて行ける事の方が不思議なぐらいなのです。
いつ細胞死(壊死)を起こしてもなんら不思議ではありません。
過酷な状況の下、人の体細胞には計り知れないほどに優れた適応能力があります。
上記のように様々な致死的なストレスを受けても
細胞が壊死しない状態へ変化する事ができるのです。
それが「癌細胞」なのではないか、
というのが私の現在の考えの基本ラインです。
現実に、細胞の中で細胞の構造や機能を状況に合わせて変化をさせる仕組みが見つかっています。
mTOR(エムトール)というものなどはその最たるものです。
少し難しいですが、エムトールをぜひインターネットで検索してみてください。
人の体で起っている事は視点(考え方)によっては全て「必要」だから起っているといえます。
病気だと決めているのはあくまで私達「人間」なのです。
ガン化へのプロセスも必要に応じて生じたと考えると全ての事が辻褄が合うのです。
必要に応じて生じた細胞形態の変化。
それが「ガン化」だとすれば、
私達が言うところの正常な細胞への形態変化も起こせる可能性はゼロではありません。
また、お過ごし方や考え方、意識の変容次第では、治療法次第では、癌という病気との共存や回復がある程度は可能だと考えられます。
一人一人生きている状況が異なるため、簡単な因果関係で回復の方程式を作る事などできないのです。
医学的な観点からの情報は、
ガンはとても恐ろしい病気であるという事、
正体不明で治療が及ばないものであるという事、
そんな恐ろしいイメージを変えたいと思っています。
完全に克服する事を前提とし、がん細胞を撲滅するための方法ばかりを探っています。
治療法を考える前提を変える事の方が必要なのではないかと考えさせらえます。
いつ壊死してもおかしくなかった状況にいた細胞が状況で変化して「がん細胞」となる。
そうだとするならば、更に負担をかける治療法を選択するべきなのか、疑問を感じております。
発症された方は、ご自身を愛しいたわる、そんな方法を基本としていただきたいと願います。
エムトールを調べてみると、ガンに限らず難病を克服するためのヒントがたくさんあります。
・低酸素状態
・低栄養状態
・高温や低温
・高浸透圧
・活性酸素
・ウィルスや細菌による攻撃
・ダイオキシン
・重金属
これらの危険因子から身を守る、または速やかに体内から除去をする、なおかつ身体に無理のなるべくかからない方法を選ぶ、事が必要です。
肉体の疲労を早く回復し、無理のない生活を心がけることが第一であることが分かります。

ガンが発見 再発や転移 治療によるお体への負担がつらい 末期がん ご家族のガンについて ガンを生きる今のコンディショニングを応援します。

癌 キャンサー一覧