治療方針

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>治療方針>歯・口腔・舌のトラブル>陰虚と口腔疾患

歯・口腔・舌のトラブル

陰虚と口腔疾患

漢方(中医学)でいうところの「陰虚(いんきょ)」とは肉体がやせること。
つまり物質が減少する、細胞数が減る、という病理現象です。
具体的には
・歯茎がやせる
・歯周ポケットが大きくなる
・歯が空く
・歯がぐらつく
・歯茎から出血しやすくなる
・へこむ口内炎ができやすい
・唇があれやすい ヒビが割れやすい
・舌の苔が少ない
・舌の苔がはげ落ちている
・舌にヒビ割れが深く入っている
・舌がピリピリと痛む
・歯の色が悪くなってくる
・唾液が減ってくる
・疲れると口臭が悪化する
・顎関節がスムーズに動かない
・舌や口が渇く 水分をよく欲する
など
これらの症状は加齢によって圧倒的に悪化しやすく、増加してまいります。
そこで漢方の出番です。
最適な「補陰薬(ほいんやく)」をお選びします。
「陰虚」の場合、ブラッシングや歯科治療を施しても回復しない事が多いです。
なぜならば回復力自体が低下しているからです。
インプラント治療を施でトラブルが多いのは「虚」の状態が甚だしい患者さんです。
施術が悪いのではなく患者さんの体の側が、施術に耐えられるだけの体力がないというのが問題なのです。
近頃は、歯科医の方々から漢方薬治療のご紹介をいただくご相談ケースも増えております。
各分野がコラボレーションすることでリスクマネージメントすることができるのです。

歯・口腔・舌のトラブル、どんなことでもご相談ください。

歯・口腔・舌のトラブル一覧