治療方針

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>治療方針>癌 キャンサー>体内の不要物質の処理「タンパク分解」

癌 キャンサー

体内の不要物質の処理「タンパク分解」

人の体は成長してゆく過程や、
病気や老化から身を守るために、
不要なものを処理するシステムを備えています。
たんぱく質を自らの力で分解をするシステムのことを
「プロテオリシス」といい、
オートファジーやユビキチンプロテアソームシステム、
その他様々なシステムが発見されています。
不要物質の処理には
エネルギーが必要です。
ごみの処理に、
自らがごみをまとめて収集所に捨てることから、
ゴミ収集業者が車と多くの人手によって集め、
燃やしたり埋め立てたり、リサイクルするという、
手間がかかるように、
人の体内で不要物質を処理することも、
十分なエネルギーがなければできません。
「タンパク分解」についても同じことで、
肉体に十分なエネルギーを生み出す能力がなければ
机上の理論のようには分解反応が進みません。
アポトーシスという
プログラムされた細胞の自己死も
自らの細胞を自らがタンパク分解するわけです。
がん細胞を自らの力で処理し自然治癒に近づくためには
とても重要な機構です。
元気でエネルギーが充実している人であれば、
プログラム通りにアポトーシスというシステムが発動することでしょう。
しかし、
エネルギーの使い道を
ストレスやお仕事、趣味などに使いすぎて、
アポトーシスなどの異物処理に利用できなかったとしたら
私たちの体はどうなるでしょうか?
結果としてがん細胞が増え、
がんが発症することとなるのです。
補足ですが、
アポトーシスはがん細胞の処理だけのためのシステムではありません。
胎児が母体の中で発育成長してゆく過程にはこのシステムなくては、
人体の形成はできません。
手足の指が形成される過程も
最初指は5本に分かれてなくグローブ状にくっついています。
おたまじゃくしが、
最初はヒレのようであった手足に
次第に指ができてくるのを観察したことがある方も多いかと存じます。
一本一本に形成される過程で
指の間の組織を自ら消滅させている処理こそが
アポトーシス(プログラム細胞死)なのです。
人体を健康に成長させたり、維持するのに、
いかにアポトーシスを含むタンパク分解機構が大切かは
私がいうまでもありません。
きちんとタンパク分解機構にエネルギーを利用できるような状態を
ライフスタイルも含めて作りあげる事が必要です。

ガンが発見 再発や転移 治療によるお体への負担がつらい 末期がん ご家族のガンについて ガンを生きる今のコンディショニングを応援します。

癌 キャンサー一覧