GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>養生という考え

養生という考え

昨晩、青葉台医王堂薬局の飯田先生と勉強会の後に飲みにいった。
この人は、私が一目置く薬剤師さんである!(偉そうですいません)
じつはその時に飯田先生がおっしゃっていた言葉が印象的だった。
「俺はお客さんが本当にこまった時は助けてあげる。だけど余計なお節介は俺もされたくない方だからしたくないんだ。」
こういうスタンスでお客様に接しているのだ。「はっきりいってすごい!」
「養生(ようじょう)」して病気にならないお体をつくりませんか?というご提案をよくするのですが、これもいってみればお節介のしすぎ?なのかもしれない。
逆に、「養生」のためのお薬をお続けいただいている方々から、「風邪も引かずに元気で過ごせるのはこのお薬のおかげだよ!」なんて言われてしまうと、やっぱりそれが大事だなと思ってしまう。
なんとも単細胞なのだろう、私は。
「養生」は「ようせい」とも読む。
その意味は「自然の中にただよっている様子」だそうだ。
ふむふむ。でもそれが一番難しいんだよな、と思う今日この頃だ。
でもやっぱり、できるだけ病気にはなりたくない。
風邪を久しぶりにひくと、なんて辛いんだろうと思う。無いに越したことはないだろう。
予防と養生は私にとっての永遠のテーマとなりそうだ。

category:
ごう先生の独り言
tags: