GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>陰(いん かげ)の力 縁の下の力持ち 「眠り」と「修復」と「がん」

陰(いん かげ)の力 縁の下の力持ち 「眠り」と「修復」と「がん」

2016年の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高!

 

石器時代から終戦までの平均寿命は15歳~40代。

昔は今のように「がん」が多くありませんでした。

「がん」になるまで生きる事ができなかったからだともいえます。

 

「がん」がこれだけ多くなってきた最大の理由は、長寿時代だからといえます。

 

長寿時代にできるだけ「がん」にならないように健康を保つ上で大切なのは、肉体をしっかりと修復することです。

 

それではいつ肉体の修復をしているのかというと、眠っている間に修復しています。

 

できるだけ質の良い睡眠を作るのに様々な方法がありますが、私は漢方がとても良いと考えています。

漢方を飲んだとしても、睡眠薬に頼らなければ眠れない人もいるでしょう。

 

それでも漢方薬を飲んでおくとよいと思います。

眠れないということは、かなりのダメージを体が受けているからです。

 

だから良く眠れるように、漢方を続ける事が良いと思います。

少しの睡眠でもよい修復ができるように、漢方を続ける事が良いと思います。

 

僕は毎日良く眠れますが、だからこそ、それでも漢方薬を続けています。

 

これからますます睡眠の質を良くする工夫こそが、長寿時代の「がん」予防&治療のスタンダードになっていくと思います。

 

現代の「がん」治療の目的は「延命」です。

薬で抑えても、放射線で殺傷しても、手術をしても、その時は良くなったとしても、老化が進むことには変わりはないのだから、再び「がん」になるリスクは年々高まっていきます。

 

治療ができるのであれば、その時は最大限にそれを選べばよいでしょう!

 

どんな治療をするのであっても、その後に修復する事が重要なのはいうまでもありません。

 

絶えず、自らの修復力を高める、毎日の小さな努力をおしまなければ、わりといい調子を維持する事ができるのではないかと思うのです。

 

病気になるのはしょうがない。

一病息災。

気がついた時が、真剣に体と向き合う時。

category:
がん
tags: