GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>歯周病・歯槽膿漏という注意信号に漢方ができる事

歯周病・歯槽膿漏という注意信号に漢方ができる事

日差しは小春日和に見えても、今日は空気がひんやりとしています。
歯周病や歯槽膿漏は老化や感染症が主な原因だといわれていました。
確かにご加齢は歯周病や歯槽膿漏になりやすい原因とえますが、実際は老化が問題ではなく年齢相応の体力よりも無理をしていると抵抗力が落ちるために、また炎症性の免疫が亢進するために発現します。
感染症も、原因菌を悪者にするという考えで治療をすると、抗生物質や抗菌剤、抗ウィルス剤の限界が訪れます。口の中には何億、何兆という膨大なバイオマスの細菌が常在しているわけです。
それが悪いのでなく、それに負けてしまうお体の側のコンディションに問題があるわけです。
言い回しが回りくどくなりましたが、この意味をよくよくご理解いただかないことには、対症療法ばかりで何の解決もできなく、ただただ治療に通院しなくてはならなくなります。
この意味が分からない方は一度ご相談にご来店いただき、自然治癒力を高める治療法をご提案しますので、総入れ歯やそれに順ずる最新の歯科医療を導入する前に、実際にできるだけ早く私がご提案する事を取り入れられることをおススメします。
20代から各年代で増加の一途を辿っており、わざわざ治療をしていないだけで、実際には現代病としてとても多く、口臭や歯茎の腫れ、痛み、びらん、化膿、歯痛などの自覚症状を伴います。
現代的なライフスタイルは、便利になった半面、肉体的にも精神的にも負担は増える一方です。
例えば、リラックスタイムにお邪魔な携帯電話。
返信や電話に出ることは一々がストレスだと感じませんか?
長時間労働。
サブプライムに端を発する不景気の影響で、お休みが増えお体の負担が減っているとしたら、それは健康にとってはプラスとなるものではないでしょうか。
しかし、不眠不休であくせく働いていると、その場の充実感はあるかもしれませんが、いずれお体を壊すことになりかねません。
介護や子育て、お孫さんの面倒をみる、ご自身の闘病などで忙しい方々は、自分のペースでは生きられずお体へ無理を強いなくてはいけない状況が、ゴールも見えず続いていきますので、ご自身に出来る限りの手厚いサポートをしてほしいとご提案しています。
負担が続いた結果、免疫系のバランスを崩し炎症しやすくなり、粘膜の回復再生力もおいつきません。時代はこれだけ豊かで衛生的になったのに、感染症やアレルギー、ガン、メタボリックシンドローム、脳・心臓血管疾患、自律神経疾患など、現代病は増える一方です。なぜなのでしょうか?
歯周病や歯槽膿漏のように炎症が治りにくい人は頑張り屋さんが多く、体にも心にも負荷をかけすぎています。
日常的な仕事やライフスタイルはそのままに、食べる事や運動を更に頑張っています。
結果として交感神経は興奮状態となり免疫は炎症や化膿を起こしやすくなります。
歯周病や歯槽膿漏がまさに現代病の注意信号たる所以です。
私はライフスタイルの改善を基本に、牛黄や麝香などの気つけ漢方薬や、粘膜修復力を高める保健薬、免疫細胞を賦活する薬を利用して心身への負担を軽くし、自然治癒力を高め、歯周病や歯槽膿漏になりにくい体作りと、更なる現代病への発展を防ぐためのリセット養生法をご提案しています。
ブログの情報をいち早くお知らせ
ブログ+α
メールマガジンTANAVEX

category:
疲れ 痛み
tags: