GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>対馬ルリ子先生のご講演 at O’LAULAU

対馬ルリ子先生のご講演 at O’LAULAU

29日は友人が開業した「O’LAULAU」にて
女性医療がご専門の医師 対馬ルリ子先生の講演があり参加してきました
対馬ルリ子ライフクリニックはこちら

対馬先生は「女性ホルモン」の使い手(マスター)であります
先生の経験と 学術的な裏付けは 納得することばかり
さまざな女性病のリスクを軽減でき
かつキレイに元気で活き活きと!
そんな女性の応援ができるのが
最適な容量を選択する「女性ホルモン療法」です
排卵や子宮内膜が厚くなるなどの
生理周期の当たり前の活動が
じつは気づかぬうちに多大な負担になっているという事
それを緩やかに調整するのが「ホルモンバランス」であります
スポットで効果をさせるような「治療薬」とは異なり
全体的な体調を整える「全体薬」であるという観点はまさに「東洋医学的」
「低用量ピル」に代表される女性ホルモンバランスを調える薬は
漢方薬にとても近い考え方です
糖尿病(DM)の方に
一時的に「インシュリン」を補充して
膵臓を休ませる治療法があります
この方法も予後がよく
膵臓のコンディションが良くなります
女性ホルモン補充療法を閉経前にある一定期間行う事の優位性があります
閉経後であっても有効です
ただし「容量」や「感受性」を考慮し
かつ「喫煙」や「既往歴」などの十分に確認した上で
用いる事が重要です
すると
高コレステロール血症や女性特有のガンなどのリスクも有意に低下します
婦人科の様々な自覚症状も軽減や根治することも可能です
お肌のトラブル
性交痛や膣の乾燥 おりもののお悩み
情緒が不安定 不眠なども含め
漢方薬が得意な分野の治療は
最適な量の女性ホルモン療法を併用すると
回復が早くなるでしょう
炎症を止める薬や抗生物質などの対症療法薬と比べて
主訴の悪化リスクおよび 安全性の面で
とても良い方法であることがわかりました! 
漢方薬やサプリメントとの併用
さまざまな代替医療や施術との併用も
とても効果的とのお墨付き
ルリ子先生のお話から
様々な医療が連携できると確信できました!
さらに
子宝にも 一定期間 低用量ピルで 排卵をお休みすることが有効だとおっしゃっていました
どれぐらいの期間が適切なのかは ひとそれぞれです
こちらの地域からご相談にご来店いただいております
神奈川県 大和市 横浜市瀬谷区 泉区 戸塚区 旭区 緑区 青葉区 綾瀬市 藤沢市 座間市 海老名市 厚木市 伊勢原市 平塚市 茅ヶ崎市 相模原市 川崎市 麻生区 多摩区 宮前区 高津区
小田原市 高座郡寒川町 秦野市 南足柄市
東京都 町田市 狛江市 世田谷区 目黒区 渋谷区 大田区 品川区 新宿区 杉並区 港区 千代田区 稲城市 千葉県 浦安市 船橋市 習志野市 千葉市 船橋市 館山市 いすみ市
静岡県 三島市 沼津市 伊豆の国市 埼玉県 さいたま市
以下のクリニックに行かれている患者さんがいらっしゃっています
加藤レディースクリニック 神奈川レディースクリニック 田園都市レディースクリニック みなとみらい夢クリニック 愛育レディースクリニック メディカルパーク湘南 山下湘南夢クリニック ソフィアレディスクリニック 杉山産婦人科 梅が丘産婦人科 みむろウィメンズクリニック 新橋夢クリニック 恵比寿つじクリニック 英ウィメンズクリニック
子宝ポータル情報!
一緒に勉強をしている子宝カウンセラーや、最新の補助生殖医療情報、画像などのリンクです。
ぜひご参考にして下さい!
岐阜の岐阜の漢方の野崎薬局さん 不妊治療で悩むあなたへ
横浜のクスリのハルナさん 子宝カウンセラーのブログ
青森のくすりの厚生会さん 妊活の疑問や問題点について
徳島のみどり薬店さん うえっちのブログ
静岡の寺岡薬局さん スタッフブログ
佐賀のヘルシー宮崎さん 鹿島店さんのブログ
愛知県の健康工房和み人さん 不妊・不育症ページはこちら
愛知県の漢方相談タカキ薬局さん 岡崎発 子宝応援ブログはこちら
宮崎県のくすりの麗明堂さんのブログはこちら
子宝に恵まれるために役立つ カラダのこと ココロのこと を一緒に勉強しています!
子宝カウンセラーの会はこちら