GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>九星漢方 ☆六白金星 ☆七赤金星  おなかんぽう 下痢

九星漢方 ☆六白金星 ☆七赤金星  おなかんぽう 下痢

ごう先生の九星かんぽう 

7月31日(月)のラッキーさん

六白金星
新しい事を始める吉日!
天のエネルギーが味方をしてくれます。
自分の感性や直感、閃きにしたがって積極的に動いてみるのもいいでしょう。
デトックス効果のあるエステや足湯などオススメです!
吉方位 南東

七赤金星
素敵なご縁が広がる良縁日!
社交的なあなたの能力を存分に発揮してみては?
吉方位 東 西

おなかんぽう 下痢

土用も残すところあと一週間です。

7月は台風が1ヶ月で8個も発生しました。

これは最多なのだとか。

台風や竜巻、雷など、急激な気圧や温度の変化、そしてそれに伴う強風は、カラダにもとても影響します。

雷が鳴ったらお臍を隠せ!のように、お腹への負担がおこることが古くから知られています。

まさに、意識下にはコントロールができない「おなか」ならではの現象ですね。

急激な気圧の変化にともない「下痢」する事があります。

 

気圧の低下は血圧の低下とも関連します。

体力に応じて、血圧の低下にともない、お腹も壊しやすくなるのです。

漢方ではそれを「湿邪(しつじゃ)」と呼びます。

強風を伴えば「風邪(ふうじゃ)」も加わります。

藿香正気散や五苓散、平胃散、理中湯、真武湯などなど、お腹の調子が悪化した時には良い漢方が色々ありますので、エキスパートにご相談される事をおすすめします!

下痢は止めてはいけない、という考えは漢方にはありません。

なぜなら、古の時代には下痢が致死的な要因だったからです。

全力で治療をしなければ命を助ける事ができなかったのです。

 

現代では、点滴の発展により、下痢で命を落とす事は少なくなりました。

とはいえ、

小さいお子さんや高齢者は、急に脱水に陥ってしまう事があります。

この時期の下痢は侮れませんよ!

 

 

20170729_2

彩開フォトグラファー真島ゆかりさんに撮影していただきました!

https://www.saikai-s.com/

 

ごう先生とLINEでつながる

コチラをクリックお願いします

友だち追加

 

 

ツイッターフォローしてね

できるだけ毎日発信!

「腸活おなかんぽう」と「ごう先生の九星かんぽう」はツイッターをフォローしてね!

コチラをクリックお願いします

Twitterボタン

 

 

漢方カフェ 1杯飲み テイクアウト を始めました!

cont01-1

キティちゃんとコラボしているタキザワ漢方の「煎専堂」。

当店でも始めました。

お仕事の帰りに、お買い物の途中に、ぜひお立ち寄りください!

1杯350円(税別)

今まで漢方を粉薬で飲んでいた人が、煎じ薬にしたらスーッと入る!と驚いていました。

ご自宅でも簡単に5分で煎じ薬が作れちゃうんです!

お持ち帰りティーパックも1回分からご提供できます。