GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>ごう先生の九星かんぽう 8月25日(金) ☆九紫火星 おなかんぽう がん代替医療との出会い エピソード8

ごう先生の九星かんぽう 8月25日(金) ☆九紫火星 おなかんぽう がん代替医療との出会い エピソード8

ごう先生の九星かんぽう

8月25日(金)のラッキーさんは

☆九紫火星

良縁の福日!

元気に明るく前向きに取り組んで吉。

吉方位 西 東 北西

 

ごう先生の おなかんぽう

がん代替医療との出会い エピソード8

m-TOR(エムトール) 形は変わるという事

細胞は環境によってその形態を変える。

がん細胞を治療しても治療しても、次から次へがん細胞が生じる人がいるのは何故なのか。

一つの答えに出逢った感じでした。

がん細胞を破壊する(やっつける)治療から、がん細胞が生きにくい安定した肉体環境を作る事を大切にしたきっかけです。

 

正常な細胞がその形態、および機能を維持できなくなっている時というのは、どんな状態なのか。

それをm-TORは教えてくれます。

・活性酸素

・低酸素

・低栄養

・低エネルギー状態

・紫外線照射や電離線照射によるDNA損傷

・浸透圧ストレス

・高温 高圧など

このような状態に陥ると、正常細胞の形態が緊急モードに変化します。

場合によっては「がん化」のシグナルが発動します。

肉体は細胞レベルで「がん」になる事によって、過酷な状況に適応している。

 

過酷な状況を変えない限りは、再発は繰り返されてしまう事も分かってきました。