GOブログ

治療方針

お薬、漢方、健康のお悩み
お気軽にご相談ください。

046-261-1380

午前10時~午後7時
(定休日:日曜・祝日)

メールでのお問い合わせは
こちら»

  • Twitter
  • Facebook

漢方たなうぇぶ>GOブログ>がん治療で体を壊さないための 5つの方法 ④夜間尿

がん治療で体を壊さないための 5つの方法 ④夜間尿

体力が落ちてきたバロメータの一つが「夜間尿」です。

中医学では「腎虚(じんきょ)」という体力低下・老化のバイタルサインとして有名です。

ベーシックな治療は「補腎薬(ほじんやく)」を使用します。

 

ところが、さらに体力が落ちているような状況(抗がん剤)では、「補腎薬」という一般的な老化のセオリーよりも加速度的に体に負担がかかっています。

その時には「心臓」に対する毒性も示唆されます。

 

脳性ナトリウム利尿ペプチドや心房性ナトリウム利尿ペプチドなど、心臓に負担がかかっている状況で出るホルモンの多くは「利尿作用」があります。

心臓に対するサポートを手厚くする事が、抗がん剤でダメージを受けた体への「中医学」でのサポートとなります。

 

結果として「夜間尿」と「安眠」が手に入れられれば、「無意識」のレベルと時間が改善され、自然治癒力は飛躍的に高まります。

 

前立腺の数値や治療が思わしくない人にも有用です。